SCROLL

ONE DAY

3年目のとある1日

3年目のジンクスに負けてたまるか。

1年目に先輩のお手伝いからはじまり、
3年目はある程度仕事を任され、幅が広がる頃。
悩むことが一番多い時期かもしれません。
しかし、この壁を乗り越えれば、社会人として人間としての
大きな成長が待っています。
3年目のジンクスに苦しみながらも、
前向きに仕事に向かう施工管理社員のリアルボイスです。

社員

九州支店建築部施工管理3年目

とある1日のスケジュール

8:00

朝礼、現場巡回
工程ごとに職人さんは入れ替わるので、日々、新しい職人さんがやってくる。彼らに工事内容を説明。その後、自分の担当現場を回り、進捗確認。

10:00

小休憩
職人さんの休憩に入ってたわいもない話をし、交流を深める。職人さんから仕事に役立つ情報をもらうこともしばしばある。

10:30

外構工事、位置出し
室外機や発電機を設置する外構工事の確認。設備の位置を間違えると、後々大変なことになる。位置出しは重要。

12:00

昼食現場事務所で仕出し弁当を食べる。1食380円。お小遣いが貯まる。

13:00

現場調整、図面チェック
タブレット(施工図)を片手に担当現場を回り、細かくチェック。様々なことが起こり、流動的な現場のスケジュールを柔軟に調整・管理。

17:30

夕礼
今日1日の進捗を全員で共有。今後1週間の作業内容を確認する。現場の問題点を話し合い、チーム一丸となって解決策を絞り出す。

01

入社3年目の仕事

佐賀県吉野ヶ里町の体育館をつくっています。遺跡の町らしい勾玉型の体育館です。入社から今まで、どの現場でも私が一番の若手。先輩の指示を仰ぎながら仕事をしてきました。しかし、ここにきてから変わりました。例えば、これまでは、ある工事が10工程にわかれていたとしたら、そのうちの1つを任されていた感じ。ところが今は、その工程全てを任されています。毎日、挑戦の連続。今までに経験したことのないプレッシャーと戦う日々です。

仕事風景

02

入社3年目の生活

今は休みの日でも大半は仕事のことを考えています。なぜかって?悔しいから…。一通り仕事を経験した2年目の頃、先輩たちの仕事を見て『自分はもっとうまくできる』と思っていました。所長に偉そうなことを言ってしまったこともあります。3年目の今、次々に、仕事を任されはじめて愕然としました。『偉そうなこと言ってたくせに、自分一人じゃ何もできないじゃないか』と。情けない…。この経験をバネにしてやる!そう誓い、必死にもがいています。

仕事風景

03

入社3年目のこれから

職人さんに頼られ、お客様にしっかりしたものを提供できる。そういう所長になることが目標です。道のりはまだまだ遠いです。自分の意志、本音をうまく伝えるコミュニケーション術を身につけなきゃいけない。図面から現場を詳細にイメージするだけの経験を積む必要もある。1級建築施工管理技士の資格も取得せねばならないでしょう。でも、必ずとってみせますよ。大好きな現場、大好きなものづくりの真ん中に立ちたいですからね。

仕事風景